お庭の実例

計画のポイント~エクステリア&庭~

2019/12/28(土)

新築住宅の設計段階で考えておきたい
エクステリアとお庭の要素

————————

■エクステリア編

住んでから気になるお隣や通行人の視線。

「目隠しがほしい」
そんなご要望を多く頂きますが、

木製フェンスやアルミ製の壁など
意外と金額がする上に
視線を遮ろうとすると結構な距離を
「目隠し」しないといけません。

材質やデザインによって異なりますが
最低限のものでも20万円以上はかかります。

しかも
お隣の2階からの視線・・・となると、
完全なる目隠しは現実的に難しいです。

ただ、これらは
住宅の設計段階で解消できる場合もあります。

例えば、
居室の位置を考えるのも一つですし
窓の配置を考えるのも一つです。

窓検討の場合
一般的な掃き出し窓でなく
横すべり出し窓など、
窓の種類を変えるだけでも効果的です。

いずれにしましても
設計段階から「周囲からの視線」を
検討することが大事です。

————————

■お庭編

リビングが南・・
リビングがからお庭を眺めたい・・

となると
必然的に植物は南のお庭に
植樹することとなります。

大前提として
植物は太陽の光に向かって成長していきます。

つまり
南側リビングから眺める植物は
すべて背中を見ることとなります。

例えば
リビングを北側に配置したとします。

北側リビングから眺める植物は
集合写真のようにすべて顔がこちら向いていますので、お庭全体の見え方もまた変わってきます。

どちらの方角にリビングを・・
ということではありませんが

間取りを考える一つの要素として
ご参考下さい。

森田健吾

作庭家/一級建築士 森田健吾

自ら森師と名乗るそらやの代表取締役。 近畿大学付属広島高等学校福山校、立命館大学卒業。26歳で「そらや」を立ち上げる。 森田だから森師なのか、単純に森の風景を作るプロなのか、興味のわくワードを次々と生み出す男。 見た目とは裏腹に、アホで無茶なことを何でも楽しんでするから毎日が劇場。 語りだすと熱すぎて、??が飛んじゃうこともありますが、ぶれない想いを常に持ってます。  といろいろあり過ぎて一言では言えないので、Facebook「森田健吾」をご覧ください(笑) (Writed 高田)