お庭の実例

■玄関ポーチ■ 庭屋が玄関を考える

2020/02/12(水)

家と庭をそれぞれ別々に考えると

玄関は家
アプローチは庭

となり
先行して完成する玄関に合わせて
アプローチを考える・・
というのが暗黙のルールですが

これを逆に
庭にあわせて玄関を考える・・

もっと玄関~庭の選択肢が増えます。

石材を使用した庭に立体感を持たせるため
石材の玄関ポーチを宙に浮かせ

庭から室内への奥行き感を持たせるため
玄関ポーチと同じ石材を敷く・・

これにより
道路から室内まで
ひとつの空間となりました。

建具枠や靴箱、玄関土間などとの取り合いを
一緒に検討する必要があるため
少々マニアックにはなってきますが・・(笑)

Write:森田健吾

森田健吾

一級建築士/設計・作庭担当 ■日本エクステリア設計協会 所属 ■ソーシャルグリーンデザイン協会 所属 森田健吾

【有限会社モリタ 一級建築士事務所】 ■立命館大学・土木工学科 卒業 ■2007年「そらやLandscape」を立ち上げ /2011年 (庭)タカショー庭空間コンテスト全国・金賞 /2016年 (庭)東京 日比谷公園ガーデニングショー出場 /2018年 (庭)JEXAエクステリアデザインコンペティション全国・銀賞 ■土木+庭+建築の知識をもって緑のある住環境を考えます。