スタッフブログ

「日々雑草」サクランボ

保育園のさくらんぼの木に

子どもたちが登って実をもぎ取り、

みんなで食べる姿を見ると

この季節がやってきたんだなぁと微笑ましくなります。

 

おっきな子が小さな子たちに取ってあげる姿は、

当たり前に、ごく自然に行っていることで、

そこに感謝や見返りを求める事もない姿に

子どもは本当に偉大だなとはっとさせられます。

そんな大人気のさくらんぼの木は桜桃(オウトウ)とも呼ばれ、

日本にあるほとんどが西洋実桜だそうです。

人が花粉を付けてあげるか、異なる品種を2本以上近くに植えてあげないと実をつけない品種も多く、虫が付きやすかったり、手間がかかることもありますが、

食べれる実のつく木が庭にあると、

四季がますます楽しみになりそうですね。

 

そらや写真部

 そらや写真部

広報部だからこそ表現できるお庭があります。 そらやの住環境に対する想いをお伝えできれば・・と思います。