そらレポ

目隠しフェンスが欲しいんです!|#03 樹脂編

こんにちは

 

そらやLandscapeの日田です!

 

今日は雨と曇りのせいか外がとても寒いので外出の際にはあったかくしてくださいね~☁

 

さてさて、前回はアルミフェンスについて書かせてもらいました。

 

まだ読まれていない方は是非読まれてみてください~

 

今回は! 最近よく施工の機会を頂けている、樹脂の目隠しフェンスについてお話

 

していきたいと思います!

 

宜しくお願いします~

樹脂フェンスの特徴

ここ最近そらやでは樹脂フェンスを多く施工させていただいているのですが、

 

樹脂を選ばれる一番の理由といたしまして、メンテナンスが掛からないということ!です!

 

樹脂は色褪せが少ないという特徴があります。

 

どれくらい色褪せが少ないかと申しますと、新しいものと並べるなどしてよくよく見ないと

 

分からないくらいです!

 

また、木目の質感を凹凸で表現する事ができ、よりリアルな見た目に近づけることができます。

こちらは、タカショーさんのモクプラボード

のサンプルになります。

どうでしょう、木目の質感が感じることができ、

ホンモノの木のようではないですか?

樹脂もアルミと同じようにたくさんカラー展開があるので、お家に合ったカラーをご提案できます!!

また、アルミに比べると価格がリーズナブルな点もお勧めしているポイントでもあります。

 

次に耐久年数についてですが、アルミより少し短くなって10~20年程度と言われています。

また、デメリットとしてそってしまったのが分かりやすい、膨張をするというものがあげられます。

 

また、デメリットとしてそってしまったのが分かりやすい、膨張をするというものがあげられます。

 

そってしまうのは樹脂の特徴としてあげられるものです。

 

また、膨張をしてしますという点ですが、施工の際は建物から5mm以上空けるなど

配慮をして施工いたしますのでご安心くださいね。

樹脂の目隠しフェンスの施工事例

 

続いては施工事例をご紹介させていただきます!

 

 

 

こちらは例にも出しました、タカショーさんのモクプラボードリアルという商品を使った住宅の現場になります。

写真のように、目隠しの必要なところだけ板を張り

下をあけてそこから植栽をのぞかせるととてもおしゃれになります。

 

引きで見るとこのような雰囲気になります。

 

とてもおしゃれですよね!

 

樹脂フェンスは柱を立て込んだ後

 

柱にビスで板を張り付けていくという施工方法になります。

 

ですので、融通が利きやすいというのもいいところであります!

 

今回は樹脂フェンスについて書いてみました。

 

どうでしたでしょうか??

 

次回は、目隠しフェンス編ラストの、木材について書きたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

広報:福島/日田

 広報:福島/日田

広報を通じて表現できるお庭があります。 そらやの住環境に対する想いをお伝えできれば・・と思います。