スタッフブログ

そらの木々「蠟梅(ろうばい)」

 

おはようございます。

朝はまだまだ冷えて、寒いと動きも何だかゆっくりになりますよね。

 

家を出る間際でバタバタするといういつものルーティンに陥っている、

そらやの福島です。

 

私の前を走る車が小学生の子供たちが渡る度に停まり、

子どもたちがお礼の会釈を返すという光景が、

慌ただしい朝にストップをかけてくれ、

優しくとてもいいものを見たような気がしました。

保育園に行くと花瓶に飾られていたのは蠟梅。

まだ寒い頃から誰よりも早く咲き始め、

蝋のような小さな可愛らしい黄色い花を咲かせます。

甘い香りも素晴らしく、まだまだ寒い中で春の訪れを思わせてくれます。

花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」。

 

奥ゆかしくひっそりと咲き、決して目立つ花ではないですが、

誰からも愛される花ではないでしょうか。

広報:福島/日田

 広報:福島/日田

広報を通じて表現できるお庭があります。 そらやの住環境に対する想いをお伝えできれば・・と思います。