お庭の実例

エクステリアと庭を同時に考える・・

外構工事の施工例をもとにご提案

例えば、ウッドデッキ。
心地よい季節となりましたので
最近多くご要望として頂きます。

ただ、シンプルに
ウッドデッキがほしい・・というご要望でなく
今あるデッキが上手く使えてないからどうにかしたい・・
というガーデンリフォームのご要望が多いです。

そんな時、
デッキを取ってしまう・・とか
デッキを広げる・・という流れになりますが、

ウッドデッキだけでなく植栽も含め庭全体で計画すると、
より使い勝手のよい、かつ、気持ちいいデッキスペースとなります。

もともとあるデッキと新しいデッキ

あえて段差をつけることでお庭に出やすくなり
あえてカタチや向きを不成形とすることで緑のスペースが生まれます。

結果、
それによりデッキに木陰ができ、居座ることのできるスペースとなります。

森田健吾

一級建築士/設計・作庭担当 ■日本エクステリア設計協会 所属 ■ソーシャルグリーンデザイン協会 所属 森田健吾

【有限会社モリタ 一級建築士事務所】 ■立命館大学・土木工学科 卒業 ■2007年「そらやLandscape」を立ち上げ /2011年 (庭)タカショー庭空間コンテスト全国・金賞 /2016年 (庭)東京 日比谷公園ガーデニングショー出場 /2018年 (庭)JEXAエクステリアデザインコンペティション全国・銀賞 ■土木+庭+建築の知識をもって緑のある住環境を考えます。