お庭の実例

天然木デッキと樹脂デッキの違い

外構を検討される際によく要望にあるのがウッドデッキです。

リビングなどの掃き出し窓から設置を希望される方が多いです。

単にウッドデッキと言っても本物の木を使った天然木のデッキと

樹脂で木調に仕上げたデッキとがあります。

今回はこの二つのデッキのメリットデメリットについていくつかご説明します。

天然木デッキ

天然木デッキのメリットとしてまず挙げられるのが木材特有の良さを感じることができるといった点です。木のぬくもりを直接感じることができるためこれは樹脂にはないいい点です。

さらには夏でも表面の温度上昇が小さかったり、加工が容易なため様々なデザインができるといったメリットが挙げられます。

 

デメリットとしては経年劣化によるメンテナンスが必要となってくるといったことが大きい点です。

木材は日が経つにつれて色褪せが起こってきます。それも木材の良さと思えばデメリットとはならないのですが。完成時の色のまま維持することは不可能に近いです。

あとはとげやささくれ、割れなどが起こってくるといったことが考えられます。

樹脂デッキ

樹脂デッキの一番の特徴としてはメンテナスフリーといった点です。樹脂は木材とは違い色褪せやとげ、ささくれのはっせいといったことが起こらずメンテナンスフリーです。さらに木材に比べて価格が安いといったことも大きな要因となり選ばれる方も多いです。

 

デメリットとしては気温が高い日に表面温度が高くなりやすいといったことが挙げられます。また急激な気温の変化により変形する恐れがあるといったことが懸念材料です。

 

天然木デッキと樹脂デッキにはこのような違いがあります。ぜひウッドデッキを検討されるときに参考にしてください。

藤原 康介

二級建築士/営業・設計・管理 藤原 康介

①出身地:広島県庄原市 ②出身大学:広島工業大学・大学院・環境学専攻 ③趣味:写真、フットサル、麻雀  ④夢:自分の家の庭を日本庭園に仕上げる ⑤理念:Try not to become a man of success,but rather try to become a man of value. 成功者になろうとするな、価値ある者になろうとせよ。