お庭の実例

アプローチの施工事例

アプローチって何でつくる?

お庭のご相談に来られる方でご要望に多くでてくるのがアプローチです。

ただ、アプローチは作りたいけどどんなものがあるかわからないといった声をよく耳にします。

そこで今回はいくつかアプローチの施工事例をご紹介したいと思います。

1つ目はレンガでつくったアプローチ

レンガは一つ一つが小さな製品であるため曲線を描いたりとデザインを柔軟に変化させることができます。またレンガにはカラーやヴィンテージ調のものといったものが多数あり自分好みのデザインのアプローチを作り上げることができます。

2つ目は天然石のアプローチ

天然石といわれてもどんなものか想像するのは難しいと思います。天然石の中にもいろいろな種類があります。乱形石といったバラバラの石を組み合わせてつくったものや一枚の大きな石を並べて作るものもあります。天然石は天然石ならではの味わいやタイルとは違って車を乗り入れしても割れの心配がないといったメリットもあり

3つ目はあごだしのアプローチ

これはアプローチといっても玄関ポーチの延長線にあるようなものが多いのですが、これは歩く部分が基礎より少し広めに施工する方法となっています。

素材はコンクリート打ちっぱなしや、天然石などいろいろ組み合わせることができます。

またこのあごだしになっている部分に照明を入れることもでき、そうすることで、夜また一味違う演出をつくりだすことができます。

今回はこの3点の施工例をご紹介しましたが、そのほかにも枕木を並べたものや、平板を利用したもの、タイルなど様々な方法でアプローチは作り出すことができます。

ぜひお家に合ったデザインでアプローチを作ってみてはいかがでしょうか。

藤原 康介

二級建築士/営業・設計・管理 藤原 康介

①出身地:広島県庄原市 ②出身大学:広島工業大学・大学院・環境学専攻 ③趣味:写真、フットサル、麻雀  ④夢:自分の家の庭を日本庭園に仕上げる ⑤理念:Try not to become a man of success,but rather try to become a man of value. 成功者になろうとするな、価値ある者になろうとせよ。