お庭の実例

庭を“おすそわけ”

最近は庭に植物を植えられる家庭も少しずつ増えてきています。

まだ、植物がないお家でも植えたいと考えられる方や

緑の多い家や町に憧れている方もいるのではないでしょうか。

自宅や通り道に緑があるとどこか気持ちいい気分になりませんか?

とあるアメリカの調査結果によると緑に囲まれて生活する人ほど心も体も健康になり長生きできるらしいとか、、、

そこで自宅で植物を計画する際に町に開けたかたちで計画してみるのはどうでしょう。

そこに住む人はもちろんのこと家の前を通る人にも緑を“おすそわけ”することができます。

例えば、境界部分の壁を少しセットバックしてそこに植物を植えて「外庭」をつくり、緑を町に提供します。

あまり広くないご家庭でもアプローチの一部といった小さな見える場所に緑を設け、“おすそわけ”することで街並みが豊かになるとは思いませんか。

植物を植えることで四季を感じることもでき過ごし方や気持ちも変わってくるかもしれません。

福山市では新築を建てられた方に対して記念樹の配布もしています。

これらの植物も使いながらこの機会に植物を植えてみるのはいかがですか。

藤原 康介

二級建築士/営業・設計・管理 藤原 康介

①出身地:広島県庄原市 ②出身大学:広島工業大学・大学院・環境学専攻 ③趣味:写真、フットサル、麻雀  ④夢:自分の家の庭を日本庭園に仕上げる ⑤理念:Try not to become a man of success,but rather try to become a man of value. 成功者になろうとするな、価値ある者になろうとせよ。