スタッフブログ

「香りの扉、草の椅子  ハーブショップの四季と暮らし」

2021/09/02(木)

----本の紹介----

アロママッサージのお店を営む友人に教えてもらい出会ったこの本。

 

私は爪が短く切られた職人のような手が大好きで、

この本の著者の萩尾エリ子さんの手もとても美しいと思う。

 

ハーブやたくさんの木や草や花から採れた精油は、

私たちに癒しと心の豊かさをあたえてくれます。

 

この本の中には基本のハーブの効能や精油の作用などもわかりやすく載っており、

私たちの体や心にどんな効果をもたらしてくれるか教えてくれます。

 

 

小さな森の草に埋もれた薬草店 「蓼科ハーバルノート・シンプルズ」

一度は必ず訪れてみたい場所。

 

小さな本の中にも、その美しい場所を静かに深く見ることが出来ます。

アロマやハーブに興味のある方はぜひ手に取って見てください。

 

香りの扉、草の椅子  ハーブショップの四季の暮らし

著者名:萩尾エリ子

発行元:扶桑社

発行年月:2019年9月

 

 

福島梨沙

 福島梨沙

①出身地:愛媛県 ②趣味:カメラ、映画鑑賞 ③夢:自然のままに自然と共に暮らすこと ④理念:行雲流水~自然の成り行きに任せて行動をする~